夫婦で禁煙に成功した簡単な方法・コツ

夫婦で禁煙したい人へ。

私の場合は夫婦で喫煙者でした。
結婚を期に二人で禁煙しようと約束していました。
付き合っている時にも二人で禁煙に挑戦したことがありますが失敗に終わりました。

失敗の理由は飲みに行った時にもらった1本。
半年もやめたんだから1本ぐらい吸っても大丈夫だろうという考えが甘かった・・・。
ほとんどの人はそれで禁煙を失敗しているのではないでしょうか。
飲んだ時の自制心がなくなっている時が一番危ないですね。

私が思うに、1人で禁煙するより、2人で禁煙するほうが成功率が高いと思います。
意志が強い人でタバコを止めたい人は、もう辞めてると思います。
2人で辞めるからこそ、お互いに抑止力になれます。
その代わり片方が折れて禁煙中にタバコを吸ってしまったら、両方が禁煙に失敗する可能性が高くなりますが。

何となく思うのは、一番大変なのは禁煙に踏み切るまでじゃないかと思います。

オットと禁煙を初めて約2ヶ月です。
吸いたい気持ちはないというよりたばこの存在を忘れています。
日常でタバコのことを考えることはもうないです。

夫婦で禁煙してよかったと思うこと。感じたたばこを辞めるメリットを書いてみます。

夫婦で禁煙するメリット 1
とにかく楽。煙草を吸うことを考えなくて良いので、とても楽です。煙草が吸いたくなったら喫煙所を探したり、タバコが無くなったら買いに行ったり、ライターを忘れたら家にいっぱいあるのにコンビニで買ったり。
そういうことがなくなります。それってすごく楽です!

夫婦で禁煙するメリット 2
喫煙者特有の咳がなくなります。痰が絡むような感覚と咳が全くなくなります。
つまりすごく楽です。

夫婦で禁煙するメリット 3
禁煙席にも座れる。喫煙席にも座れる。これも混んでいるお店に入る場合などはとってもいいです。
禁煙している人が良く言うのが、禁煙中に臭う他の人の吸っている煙草の煙がクサイとか、気になるとか。
私はあまり気になりません。オットも気にならない様です。
というかいい匂いだと思います。

夫婦で禁煙するメリット 4
喫煙による灰皿の掃除とか、換気とか壁のヤニなどがなく、家が綺麗。
寒いのに換気する必要がない。犬が煙草の匂いが嫌いだったため、良かったと思う。

夫婦で禁煙するメリット 5
オットと一緒に禁煙に取り組んでいるので、連帯意識というか、一緒に禁煙をがんばっている感があります。
一度でも喫煙者になった人が禁煙する場合は、「禁煙に成功した」っていう事はないと思うんです。一生禁煙し続けないといけないんですよね。

夫婦で禁煙するメリット 6
一服してから~しようかとか、ご飯食べてから一服とか。
時間のロスがなくなったというか煙草に縛られた時間を使うことがなくなりました。

たばこやめたい人多いと思います。
とりあえず禁煙に踏み切るのに二の足を踏んで時間が経ってしまっていたり・・・。
誰かと一緒に取り組んでみてください。

成功者として言ってるわけじゃなくて、現在進行形で禁煙している私からですが、是非たばこをやめるメリットを感じてほしいと思います。

楽に禁煙できるコツ1
煙草が美味しいと感じた時の記憶を思い出したりしない事。
体のニコチン依存なんて大したことありません(マジで)。
1週間もあればなくなると思います。肝心なのは精神的な依存です。

楽に禁煙できるコツ2
煙草が吸いたいと思う内は、喫煙者と飲みに行かないこと。
やっぱり飲んだ時が一番たばこが欲しくなるのでは無いでしょうか。
吸いたくなくなるまではしばし我慢です。

楽に禁煙できるコツ3
いっそ高級な葉巻を週1回1本楽しむという趣味にシフトする。
これだと、たばこを吸っている感はありますし、ストレスがそんなに無いのでは?

夫婦で禁煙する場合は、片方が例えば1本吸っちゃった~なんて事になったら、怒りましょう。泣きながら怒っても可。そして、相手が心から謝ってきたら、明日から二人でもう一回頑張ろうねっていう風に持っていくのがいいと思います~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。