クリスマスツリー飾り付けのコツ!綺麗に飾り付けるポイント紹介

クリスマスツリー飾り付けのコツその1

クリスマスツリーの枝をしっかりと広げる
曲がらないようにすべてを綺麗にしっかりと伸ばしきることが大切です!
枝の広げかたのコツですが、枝はできるだけ満面なく広げて隙間の感覚を統一にするようにしてください。


 

クリスマスツリー飾り付けのコツその2

クリスマスツリーの枝にかぶっているホコリやゴミをしっかりと掃除する
綺麗に飾ったクリスマスツリーにホコリなどの目に見える汚れがあった場合には美しいクリスマスツリーもどこか汚らしく汚れて見えてしまいます。
毎年1回だけ使うクリスマスツリーは前年の汚れやモールが残っていたりします。まずはツリーを綺麗に掃除しましょう。でもあまりに汚れたツリーは掃除を頑張るより、買い替えたほうがいいかもしれないぐらい最近のツリーは本当に安いです。


 

クリスマスツリー飾り付けのコツその3

イルミネーションを1番はじめに取り付ける!
まずは、小さなオーナメントよりもはじめにイルミネーションを綺麗にバランスよく巻いていくと仕上がりがごちゃごちゃしなくなります。クリスマスツリーのイルミネーションは飾り付ける際のコツは下から巻いていく事です。クリスマスツリーの表面だけを飾り付けるのではなく、まんべんなく奥の方も回しましょう。
そして、ライトを枝に沿って外に向くように、ライトの根本をクリスマスツリーの枝に針金で固定すれば完璧です!


 

 

クリスマスツリー飾り付けのコツその4

大きいオーナメントからクリスマスツリーに飾り付けていく!
クリスマスツリーのオーナメントは大きい物から飾っていっていうのがコツです。クリスマスツリー全体のバランスを見ながら飾り付けていきましょう。
大体の目安はバランス的にクリスマスツリーを3頭分にして、ツリーの一番上、ツリーの中央、ツリーの下部を2:3:4のオーナメントの量に飾り付けていきます。


クリスマスツリー飾り付けのコツその5
色のバランスを見ながら小さいオーナメントを取り付けていきます。
飾り付ける際のポイントですが、丸いオーナメントは大きい物も小さいものもすべて紐をワイヤーに取り換えて、クリスマスツリーの枝に直にくくりつけるように飾り付けするのがコツです。木から直接生えている様に見せるのがポイントとなります。それ以外のオーナメントはぶらんとクリスマスツリーの枝から吊り下がる形での飾り付けでOKです。


 

クリスマスツリー飾り付けのコツその6
クリスマスツリーのイルミネーションでオーナメントを照らす!
はじめにバランスよくクリスマスツリーに巻きつけたイルミネーションは針金で外の方向へ向けて固定してあると思いますが、飾り付けたキラキラ光るようなオーナメントを、イルミネーションのライトで照らして光を反射させるようにします。というかその位置にオーナメントを飾り付けます。これをやるとやらないでは大きく見え方が異なります!


 

クリスマス前のアルバイトでホテルのロビーのデコレーションや百貨店のクリスマスツリーの飾り付けをしたことがあります。クリスマスの飾り付けにもセオリーがあることを知って驚いた経験がありました。このコツを活かして飾り付けをするだけで、去年と同じ飾り付けやオーナメントだったとしても、見え方が異なるクリスマスツリーが出来上がります!ぜひお試しください。

クリスマスツリーの飾り付けに使うオーナメントの色数も2~3色にまとめるのもコツのひとつで、全体的に統一感が出ます。

まぁー実際楽しかったらなんでもいいような気がします。クリスマスの飾り付けを子供の時から親に任されて毎年楽しんで飾り付けをしていました。今考えれば、毎年はちゃめちゃなクリスマスツリーにかざりつけていたなぁとw思い返しますが、全て任せてくれた親にも感謝したいと思います。

今年は自分の家にツリーを購入し、実家で使っていたオーナメントをもらってきました。
まだまだオーナメントが足りないので、また買いに行かないと、と思っています。

最近ではクリスマスツリーのオーナメントはイケアやニトリやコストコでかなりお得に販売しているようなので、その辺りも見に行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。