京都府の畳・ふすま・障子をお得な価格で美しく!

京都府の畳裏返し(畳表裏返し)1890円!畳張替え(畳表交換)2000円!襖張替(ふすま紙交換)1400円!障子張替え(障子紙交換)1400円!スピーディーにお応えします。 激安価格にて期間限定のご奉仕!すべて配達料込みで安心、家具の移動も全て無料。修理や補修もお任せ下さい。無料でお見積り致します。新品の製造販売もさせて頂きます。

京都府施工範囲京都府

京都市北区・京都市上京区・京都市左京区・京都市中京区・京都市東山区・京都市下京区・京都市南区・京都市右京区・京都市伏見区・京都市山科区・京都市西京区福知山市舞鶴市綾部市宇治市宮津市亀岡市城陽市向日市長岡京市八幡市京田辺市京丹後市南丹市・大山崎町・久御山町・井手町・宇治田原町・山城町・木津川市・加茂町・笠置町・和束町・精華町・南山城村・京丹波町・伊根町・与謝野町


畳表替え
畳裏返し価格
畳裏返し期間限定 1,890円(税別)~
畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで
(半畳裏返し価格は7掛けの税別1323円です) 使用年数3~5年以内に限ります。
サイズ 五八間(88×176㎝)まで
切込みがある畳・ しみがある畳・ 1度裏返ししている畳は不可です
畳表替え
6つの安心
畳張替え価格

畳張替え期間限定 2,000円(税別)~

張替え畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで

(半畳張替え価格は7掛けの税別1400円です)
ふすま張替え
襖張替え価格
国産ふすま紙使用

襖張り替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え襖サイズ/片面1枚90cm×180cmまで

(天袋の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具屋・襖店をお探しならココ!
障子張替え
障子張替え価格
国内産障子紙使用

障子張替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え障子サイズ/1枚 90cm×180cmまで

(欄間の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具店・障子屋をお探しならココ!


畳襖の施工事例



まずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせください
ビフォーアフター

畳のある生活や畳の部屋について

日本の伝統となっている畳。私たち日本人に馴染みの深い感じで、和室には必ずと言っていいほど敷かれている感じがします。作法の世界では縁を踏んではいけないという決まりがあるみたいですが、私は知りませんでした。
最近では畳のない家も多くなってきているみたいです。建てられる新築の家でも和室のない家も多くなってきているからだと思いますけど、 ですがフローリングにも敷くことができる琉球畳の登場で、再び人気も回復しているみたいです。
畳は存在する最も古いもので奈良時代からあるらしいです。 奈良東大寺の正倉院に保管されているらしいです。 現在ある畳と若干違いがありまして、マコモを編んだござのようなものを何枚も重ねてイグサのコモで覆って錦の縁がつけられていたとか。 歴史を感じますね。
昭和時代は高度経済成長を共に人々の生活も洋風になってきて、 和室に座る生活から椅子やソファーに座る生活に変わっていきまして、 床にはカーペットなどが普及してたわけですがそれでも家の中では畳の部屋があるような時代だったわけで畳は昔から生活に欠かせない存在だったんだなと思います。
現在ではフローリングが多く普及しているわけですが、 でもフローリングでは部屋が寒い、音が響く、落ち着かないなど、デメリットもあるので、畳が見直されています。 最近は素材や機能性も良くなってきているので、現在の若い人たちが畳に関する興味を持ってもらえたらいいなと思います。

襖の貼り換えは襖のプロにお願いすると

襖は古来より日本独特のものであり、部屋の仕切りによく使われてきた建具です。今は個人を尊重する風潮から襖から壁へと部屋の仕切り方が変わってきています。でも年配の方や和室を好む方には根強い人気を誇っています。
でもこの襖はデリケートに作られておりその美しさを保つのは意外と大変です。家に何枚もある場合や子供のいたずらやペットのひっかき傷により襖がひどく傷んでしまった場合など自力で貼り換えること自体難しく感じると思います。
そんなときは専門知識の豊富なプロにお願いするのはどうでしょうか。襖は以外と細かく種類やグレードが分かれています。襖によって紙を貼る手順も仕方もかわってきます。昔ながらの襖なのか大量生産されている襖かによっても違いがあります。
そこのところの見極めは難しいものです。また、ペットを飼っている人ならペット対策も必要ですし、小さいお子さんのいる家庭ではお子さんの成長にあわせた襖を選ぶことが大切になってきます。お年寄りのいる家庭ならお年寄りの好みがあります。
それらの要望を専門の業者に話すことによりどのような対応策があるのか教えてもらうことができます。それにやはりプロにお願いすると早くキレイにしてもらうことができます。その際、部屋の空気感にあうようにお願いするのもいいものです。

明障子と襖障子に見る日本の文化と民族性

近代、現代建築ではあまり見かけなくなった障子。 ちょっとした事で破れてしまう事、定期的な張替えを必要とする、 生活スタイルの西洋化等、避けられる理由も多い。 その日本古来の建具である障子が、ここのところ見直されていると言う。
遮光性と採光性を併せ持つ機能的な部分でも評価されているが、 それだけが理由ではないだろう。 年齢を重ねていくうちに、障子のあった幼少時代を思い出すのか、 もしくは、日本人としてのDNAが呼び覚まされるのか。
障子紙で遮られる日光は、優しく淡い色合いとなって部屋に注がれる。 その白色の和紙は季節に関わらず、日本らしい趣きを感じさせてくれる。 人に対して圧迫感を感じさせず、それでいて部屋や建物に絶妙なアクセントとなる。
密閉感のある西洋的な開き戸と違い、 引き戸である襖障子は採光性こそ無いが、さりげなく優しく、 周囲の空間と遮ってくれる。 これらの障子の特性は、日本人の民族性そのままではないだろうか。 日本と日本人の持つ奥ゆかしい長所を、西洋的思想の範疇で括ってしまうのは正しい事ではない。
確かに、日本人は内面を見せないと言われる事が多い。 しかし、謙虚と礼節を持って接すれば、そうでない事が理解できるであろう。 襖の奥の暗い部屋が日本人の心の内だとするならば、 それを見るには日本の文化と民族性を理解するべきである。 その手始めとして、まず障子を理解するのが良いであろう。

京都府京都市北区の観光スポットと京都府京都市北区の大学地です

京都府京都市北区は、国宝級の建築物と有名な大学がある特徴の11区ある京都市の中の一つの区です。その京都府京都市北区の地形は、住宅地の広がる平野と北部にある京都の山脈部分からなっています。まず観光のスポットに必ず上位でランクしている金閣寺が、京都府京都市北区にはあります。それは鹿苑寺と呼ばれる室町時代の足川義光によって、建てられた三層の楼閣建築がきれいな歴史建築物です。そして京都府京都市北区の自慢でもある観光名所です。


それはユネスコの世界遺産にも登録された古都・京都の史跡です。その為に多数の観光客で賑わう、京都府京都市北区の地域です。また大徳寺も京都府京都市北区の有名な寺院として、観光のスポットになっています。それは臨済宗の本山の寺院でもあるのです。その規模も雄大な寺院ですが、きれいな朱色の歴史的な建物が魅力です。それらの有名な歴史史跡と建築物から日本の古都のしての雰囲気とスケールさを感じさせてくれる京都府京都市北区です。


ですから京都府京都市北区に住居している特権として、歴史の重さや迫力を毎日拝観出来るのです。そこから歴史の中で、古都の生活を味わえるのです。それは京都府京都市北区に居住する醍醐味でもあります。そして京都府京都市北区には、仏教大学や産業大学、私立の有名大学が多数あります。ですから多数の若年層の学生らしき姿を見かけるのです。そこから若いエネルギーを感じられる京都府京都市北区の別の顔があります。その為に賃貸住居や下宿の住居を貸し出す住宅も多いのです。
そして京都府京都市北区には、京都市営烏丸線の地下鉄からの利用がメインです。その烏丸線は、グリーン線の色合いから京都府京都市左京区から伏見区の武田駅までを結んでいます。また桜の時期にきれいな駅のある京福電気鉄道北野線もつながっています。道路にしても京都市道は、京都府京都市北区の衣笠からきねかけ路と呼ばれる地方道路があります。ですから京都市の繁華街や他の地域への交通の利便性のある地域ではあります。その古都の情緒を楽しむ為に探索も最適な場所です。
ですから京都府京都市北区には、古都の雄大な建築物が今も残っています。そこから古都の味わいの生活と若い世代の学生たちで作られています。また京都府京都市北区の平野部分の住宅地は、古民家や新築の住宅もある風景が面白いのです。そして伝統的な日本食や京料理が食べられる落ち着いた雰囲気の飲食店も多数ある地域です。それは隠れた食事処として、静寂の京都府京都市北区の雰囲気が楽しめる空間があるのです。そこから観光のスポット地として、生活も楽しくなる京都府京都市北区です。