滋賀県の畳・ふすま・障子をお得な価格で美しく!

滋賀県の畳裏返し(畳表裏返し)1890円!畳張替え(畳表交換)2000円!襖張替(ふすま紙交換)1400円!障子張替え(障子紙交換)1400円!スピーディーにお応えします。 激安価格にて期間限定のご奉仕!すべて配達料込みで安心、家具の移動も全て無料。修理や補修もお任せ下さい。無料でお見積り致します。新品の製造販売もさせて頂きます。

滋賀県施工範囲滋賀県

大津市彦根市長浜市近江八幡市草津市守山市栗東市甲賀市野洲市湖南市高島市東近江市米原市・安土町・日野町・竜王町・愛荘町・豊郷町・甲良町・多賀町・虎姫町・湖北町・高月町・木之本町・余呉町・西浅井町


畳表替え
畳裏返し価格
畳裏返し期間限定 1,890円(税別)~
畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで
(半畳裏返し価格は7掛けの税別1323円です) 使用年数3~5年以内に限ります。
サイズ 五八間(88×176㎝)まで
切込みがある畳・ しみがある畳・ 1度裏返ししている畳は不可です
畳表替え
6つの安心
畳張替え価格

畳張替え期間限定 2,000円(税別)~

張替え畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで
4.5帖から受付けスタート!!!!
(半畳張替え価格は7掛けの税別1400円です)
ふすま張替え
襖張替え価格
国産ふすま紙使用

襖張り替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え襖サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
(天袋の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具屋・襖店をお探しならココ!
障子張替え
障子張替え価格
国内産障子紙使用

障子張替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え障子サイズ/1枚 90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
(欄間の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具店・障子屋をお探しならココ!


畳襖の施工事例



まずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせください
ビフォーアフター

畳のことなら畳の専門業者に依頼する

畳がとても傷んでしまったので、そろそろ畳そのものを交換したいとか、畳が少し痛みだしているので、そろそろ畳の張り替えをお願いしたいとか、このようなことは、特に一戸建て住宅で生活をしていると出てくるものです。
では、畳の交換、畳の張り替え、さらにはそれ以外の襖の張り替え等を依頼する場合は、どこに依頼していくのが理想的となるか、これは専門の業者というものがおりますから、そこに依頼することで、素晴らしく生まれ変わります。
畳というものは、やはり見た目重視、そして香りも大切ですし、すわり心地というものもとても重要になってくるのです。ですから、畳の交換、張り替えをするのであれば、やはり、プロにしっかりとした形で依頼するのが良いのです。
もちろん、プロに依頼するわけですので、それなりの料金というものは発生してくるわけですが、トータル的に考えた場合、魅力的な畳の交換や張り替えになりますので、おすすめです。自分では行わない方が良いという結果になります。
インターネットで調べると、業者はとてもたくさんあり、それぞれどれくらいの金額で行ってくれるのか、今までの実績はどうなのか、キャンペーンは行っているのか等、あらゆる情報をしっかりと確認することができます。

住宅の中にアル襖の役割と襖の張り替えについて

私たちは住宅に身を置いて暮らしています。 住宅は人間が長い歴史の間につくりあげてきた文化の一つです。 人間はもともと太陽の下で暮らしていましたが、雨や風を凌ぐために自分たちで住宅をつくり始めたのが起源とされています。
自分たちでつくった住宅に住むようになってから工夫を重ね、少しずつ暮らしやすいものへと変化していったのです。 平安時代には宮大工と言われる人が登場し、住宅づくりの専門家として腕を振るうようになりました。 現在も大工という職業の人が存在しています。
現在は洋風の住宅が増加したため、和風の住宅が減少してきました。 椅子や絨毯で構成されている洋風の住宅が主流になっています。 しかし、その中にも日本が培ってきた和室が存在する住宅もあります。 その和室には多くの和があるのです。
この和とは畳、襖、障子などです。 それぞれが独自の役割を果たしており、それぞれの良さがあるのです。 中でも襖は扉として活躍するものです。 襖は木の枠に紙を貼ってつくられたものです。 襖はある程度丈夫さがあり、軽くて扱いやすい特徴があります。
襖の良さは張り替えが可能な所です。 自分でやることも可能ですが、やはり業者に依頼して張り替えてもらうことが良いとされています。 これは見た目や機能性をしっかり保つことに他なりません。 襖の張り替えを依頼する時は近くの業者に襖の張り替えの旨を伝えれば、すぐに対応してくれます。

障子の張替えで障子の美しさを取り戻す

昔から日本の家屋には障子が当たり前のようにあります。 最近の新築住宅でも、ほとんどの住宅に和室が設けられています。 隣の部屋との仕切りや、カーテン代わりに障子が使われ、私たち日本人はそれを当たり前に使用してきました。
しかし、障子は和紙でできているため、強く押したりして力が掛かると、破れて穴が開いてしまいます。 穴が開いた部分を放置しておくと、そこから風や光がもれてしまうので、応急処置として破れた部分にだけ上から和紙を貼ったりします。
障子に対しての応急処置は今も昔も変わらないと思いますが、障子が応急処置だらけになってしまっていては、障子の美しさの観点からすると見た目は良くなく、本来の障子の美しさが損なわれます。穴が開いていなくても、黄ばみ等の色の変色も古さを感じさせてしまいます。
見た目が気になりだしたら、思い切って障子の張替えをする事をおすすめします。 張替え作業はプロの職人が行うと、仕上がりが格段に違ってきます。 月日が経過するばするほど、その職人技のすごさが誰の目から見ても分かります。
美しく蘇った障子から光が差し込む美しさは、想像できると思います。 プロの職人が作業を行えば、短時間であっという間に本来の美しさを取り戻す事でしょう。 少しでも張替えを考えているようでしたら、一度専門業者に相談する事をおすすめします。

小浜市の紹介と小浜市の魅力について

小浜市は、アメリカのオバマ大統領が選挙に勝った当時、同じオバマという名にかけて、一躍有名になりました。現在でも、小浜市にあるお土産店や道の駅に立ち寄ると、オバマグッズが販売されており、街おこしに盛んなまちです。
小浜市は、今年から北陸道と若狭自動車道という高速道路がつながるようになり、交通の利便性がよくなりました。昨年までは、敦賀市から小浜市までの間は、高速道路が途切れており、石川県方面から京都府方面へ来る利用客は一度高速道路をおりなくてはなりませんでした。
よって、京都府方面からも石川県方面からも、小浜市への観光が便利になりました。小浜市は、夏のレジャーが充実しており、海水浴や遊覧船、釣り、花火大会など数多く楽しめ、そのたびに若者の利用客で街が賑わっています。
小浜市やその近辺に在住する独身の若者のために、「街コン」というイベントが小浜駅前商店街で催されています。商店街が賑わうと同時に、小浜市に若者を呼び込み、出会いの場を提供するもので、毎年大人気のイベントのひとつです。
自然豊かな小浜市ですが、その一方で都会的な建物が少ないのが実情です。ボウリングや映画を楽しめる施設がなく、若者が遊ぶには不便なところもありますが、バーベキューなどのアウトドア施設は充実しています。子育てするにはよい環境です。