大阪府の畳・ふすま・障子をお得な価格で美しく!

大阪府の畳裏返し(畳表裏返し)1890円!畳張替え(畳表交換)2000円!襖張替(ふすま紙交換)1400円!障子張替え(障子紙交換)1400円!スピーディーにお応えします。 激安価格にて期間限定のご奉仕!すべて配達料込みで安心、家具の移動も全て無料。修理や補修もお任せ下さい。無料でお見積り致します。新品の製造販売もさせて頂きます。

大阪府施工範囲鹿児島県

大阪市(大阪市都島区・大阪市福島区・大阪市此花区・大阪市西区・大阪市港区・大阪市大正区・大阪市天王寺区・大阪市浪速区・大阪市西淀川区・大阪市東淀川区・大阪市東成区・大阪市生野区・大阪市旭区・大阪市城東区・大阪市阿倍野区・大阪市住吉区・大阪市東住吉区・大阪市西成区・大阪市淀川区・大阪市鶴見区・大阪市住之江区・大阪市平野区・大阪市北区・大阪市中央区)・堺市(堺市堺区・堺市中区・堺市東区・堺市西区・堺市南区・堺市北区・堺市美原区)・岸和田市豊中市池田市吹田市泉大津市高槻市貝塚市守口市枚方市茨木市八尾市泉佐野市富田林市寝屋川市河内長野市松原市大東市和泉市箕面市柏原市羽曳野市門真市摂津市高石市藤井寺市東大阪市泉南市四條畷市交野市大阪狭山市阪南市・島本町・豊能町・能勢町・忠岡町・熊取町・田尻町・岬町・太子町・河南町・千早赤阪村


畳表替え
畳裏返し価格
畳裏返し期間限定 1,890円(税別)~
畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで
(半畳裏返し価格は7掛けの税別1323円です) 使用年数3~5年以内に限ります。
サイズ 五八間(88×176㎝)まで
切込みがある畳・ しみがある畳・ 1度裏返ししている畳は不可です
畳表替え
6つの安心
畳張替え価格

畳張替え期間限定 2,000円(税別)~

張替え畳サイズ/1帖五八間 176cm×88cmまで

(半畳張替え価格は7掛けの税別1400円です)
ふすま張替え
襖張替え価格
国産ふすま紙使用

襖張り替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え襖サイズ/片面1枚90cm×180cmまで

(天袋の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具屋・襖店をお探しならココ!
障子張替え
障子張替え価格
国内産障子紙使用

障子張替えお買い得品 1,400円(税別)~

張替え障子サイズ/1枚 90cm×180cmまで

(欄間の張替え価格は7掛けの税別980円です)表具店・障子屋をお探しならココ!


畳襖の施工事例



まずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせくださいまずはお問い合わせください
ビフォーアフター

障子の種類と障子の張替えについて

障子は障子紙を貼り使用する。様々な種類があり、手すき楮、マニ麻、レーヨン、ピニロン等を40パーセント以上配合したもの、レーヨン入りのもの、パルプのもの、プラスチックのもの、機能性を持ったもの(破れにくい素材や消臭機能があるもの、模様入りのもの、色付きのもの)などが挙られる。
また、障子は木や紙といった自然を取り入れた素材であり、直射日光を遮りながらも適度に日の光を取り入れるすぐれた特性を持っている。また吸湿性があり室内の気温変化をおさえてくれたりもする。障子は日本の家には適した建具である。
障子は長年使用していると紙が破けたりもします。そうなると張替えが必要になってきます。その時は張替業者に依頼することがよいであろう。その時は上記で述べたような障子紙の種類を参考に、業者と相談しながら張替えを行うのが様だろう。
障子紙の種類は豊富で、部屋の用途の仕方によっても異なってくるであろう。安くて丈夫なものがいいのか、客間として使うので、高級感のあるものがいいのか、また、最近ではオリジナルの張り紙を障子に使ってくれる業者もあり、写真からのプリントを行うなど種類の幅も広がっている。
こうしたことを踏まえながら、自分の家の目的や用途に合ったものを選んで、を張り替えるとよいだろう。自分で行うと手間も時間もかかる張替え作業も業者にお願いすることで、手早くきれいに仕上げてくれる。こうしたサービスを利用して快適に暮らすことはよいことである。

専門業者の力を借りて襖に襖本来の力を発揮させる

襖の紙は消耗品であり、ある時期が来ると交換せざるを得なくなります。襖は間切りとしてだけではなく空気のフィルターや湿度制御の機能もあるため、そういった機能を損なわないためには定期的な張替えが必要になります。
張替えの時期は一般的には4、5年とされています。しかし、開け閉めの頻度が多かったり、陽の辺りが強い場所であったりすると1、2年短くなることもあります。また、うっかり穴をあけてしまった場合にも張替えが必要です。
襖の張替えは正確に行うことがとても大事であり、ずれてしまったり、本体と合っていない材質を使ってしまったりすると本来の機能を発揮することができません。そのため、専門家に依頼して張替えを行うことがとても重要です。
また、専門家に依頼することで適切な張替え時期について伺うこともできます。襖の張替え時期は畳等と比べると判断が難しく、馴染みの業者を作っておいて、定期的に見てもらうようにすると襖を良好な状態に保つことができます。
このようにして専門業者の力を借りることによって機能性の高い襖を適切にメンテナンスできます。そうすることによって、襖のもつ自然の力による温度や湿度制御が可能になり、快適な和室を作りあげることができます。

畳の効能と畳を交換する必要性について

日本人の住居にとって、和室は欠かせないものです。和室に靴を脱いで畳に上がるとほっとできますし、リラックスする効能があるからです。その他にも、畳には耐熱効果があります。そもそも畳ができているイグサは細い繊維植物なので、 
内部に空気をたくさん含んでいます。また芯材のワラ自体にも、やはり空気をたくさん含んでいます。空気というのは、熱を伝えにくい性質があります。ですから畳に空気がたくさん含まれていることで、夏は暑くなりすぎず、 
冬は冷たくなりすぎないようにしてくれる効果があります。ですから、畳の部屋があることで、人間が暮らしやすいように快適な状態を作ることが可能といえます。このような性質は、高温多湿な日本の気候に合っていると言えます。 
最近ではエコが叫ばれて久しいです。畳があるだけで、冷暖房を節約できるので環境に優しいともいえます。 しかし、畳というのは毎日毎日人間に踏まれ続けて、重い家具まで置かれて酷使されています。ですから、年月が過ぎれば、 
消耗品としての経年劣化はさけられません。畳が黒ずんで汚れてしまったり、穴が空いてしまったら、上記のような効能が受けられなくなります。そこで、交換する必要があります。交換値段はお店によって違いますが、一万円前後で安く済みます。ですから、定期的に交換した方が良いです。 

大阪府大阪市の成り立ちや大阪府大阪市の特色

大阪府大阪市は、日本では有数の大都市であり、近畿地方を代表する場所である。地名は、現代は「大阪」となっているが、古くは「大坂」であった。江戸時代半ばには「大阪」と「大坂」が併用されていたようだが、後に正式に大阪となった。大阪府大阪市は、明治初めまで都であった京都と並んで、関西地域の経済・文化の中心であり、今も昔も繁栄している魅力ある都市だ。大阪府大阪市は歴史があるだけあってさまざまな出来事があり、話題が尽きないところである。

古くは、大阪府大阪市には大坂の町があり、周りには常に平城京や平安京などの都が存在し、海の近くで港があったことからも、交易の玄関口として今に至る大阪府大阪市が大きく発展していったというのは必然であろう。まさに都の入口として存在していた現在の大阪府大阪市は、古くから多くの物が日本全国または海外からも集まり、物流や商業の中心で物が溢れかえっていたということから、江戸時代ごろには「天下の台所」などと呼ばれていた。

現在の大阪府大阪市の元を築いたのは、「太閤さん」であろう。豊臣秀吉は大阪の中心に大阪城を築き、今も大阪市民のシンボルとして在り続けている。豊臣氏は後に徳川氏によって滅ぼされ、現在の大阪城の石垣などは、徳川によるものであるし、江戸時代は幕府の天領となっていた現在の大阪府大阪市は、大阪市民にとっては大阪城や大阪は秀吉によるものであるという意識が強い。梅田にある高層ビルから見た現在の大阪城は、都会のビルディングという砂漠に囲まれたオアシスのようで、眺めは格別である。

天下の台所という名前は昔だけのものではなく、今の大阪府大阪市においてもあてはまる。今も昔も大阪府大阪市にはうまいものが多い。その証拠に、くいだおれ人形がいる。たこ焼きや串カツ、それから「てっちり」や「しゃぶしゃぶ」。イカ焼きも捨てがたい。高級なところでは懐石料理などもいい。とにかく、大阪府大阪市のうまいもんを挙げだしたらきりがない。手ごろな値段で買えるものから贅沢なものまでうまいものを幅広く取り揃えているのも、大阪府大阪市の魅力の一つだ。

大阪府大阪市は歴史があり、物流があり、美味がある。多くのモノが大阪にはあるが、それ加えて芸能がある。落語や漫才が盛んである。笑いで多くのエネルギーを発生させることによって、また更に大阪は大きな力を得ることができるので益々力強くなる。大阪府大阪市にはいつも笑いがある。笑う門には福来る。多くの惹きつけるモノがあるのが大阪府大阪市だが、笑いによって福をも惹きつける。これまでもそうであり、これからもそうであるだろう。